Back to All Press Releases

ジンバブエの食品メーカーに小型トラック「キャンター」250台を納入

fuso-achieves-fleet-deal-of-250-trucks-in-zimbabwe 16th June 2022, Kawasaki, Japan

ジンバブエの食品メーカーに小型トラック「キャンター」250台を納入

 

•パンや焼き菓子を製造する同国大手の食品メーカー、ベーカーズ・イン社に納車
•「キャンター」がアフリカ南部の成長市場で食品の流通をサポート

 

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:カール・デッペン、以下MFTBC)は、アフリカ南部・ジンバブエ共和国の大手食品メーカーであるベーカーズ・イン社(Baker’s Inn、本社:ハラレ、CEO:ンゴニ・マザンゴ)にFUSOの小型トラック「キャンター」250台を納入することが決定しました。2022年5月に現地販売代理店のZIMOCO社が首都ハラレの販売拠点にて納車式を開催し、最初の50台を納車しました。

ベーカーズ・イン社はジンバブエのほか、隣国のザンビアや東部ケニアにおいて、パン類や焼き菓子の製造・販売や、パン製品やドーナツなどの軽食を提供するレストランを50店舗以上展開しています。FUSOの「キャンター」は今後数年間で250台が納車される予定で、ジンバブエ各地の配送ルートを通じ、生産工場から小売店への配送業務に活用されます。同社は、同国の需要拡大に伴って食パンの製造能力の増強を目指しており、それによる流通ネットワークの拡大に向けて、車両を一新します。

今回納車する「キャンター」を含むジンバブエ向け小型トラックは、MFTBCの川崎製作所から輸出するノックダウン部品を用いて、南アフリカのイースト・ロンドンにあるダイムラー・トラック南アフリカ(DTSA)の工場で組み立てられます。「FA」や「TV」などの中・大型のFUSO車両については、インド・チェンナイに位置するダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)のオラガダム工場から、ノックダウン部品として輸出されています。DTSAは商用車の組み立て・製造を担う生産拠点で、FUSOトラックのほか、メルセデス・ベンツのトラックやバスをアフリカ南部地域に提供する上で欠かせない存在です。ジンバブエ政府は「Vision 2030」によって中所得国への成長の達成を掲げ、工業化を進めてきました。MFTBCは、耐久性と信頼性に優れたFUSOトラックを現地のお客様に提供し続けることで、ジンバブエのビジネスと経済のさらなる発展への貢献を目指します。

 

ベーカーズ・イン社に納車した小型トラック「キャンター」の一部

 

 

ダイムラー・トラック南アフリカ(DTSA)について

南アフリカで約60年前に設立されたダイムラー・トラック南アフリカは、メルセデス・ベンツとFUSOブランドの商用車に加え、フレートライナーやウエスタン・スターの部品やサービスを提供しています。南アフリカのほか、アフリカ南部のナミビア、レソト、ボツワナ、スワジランド、マラウィ、モザンビーク、ジンバブエ、ザンビアで販売活動を展開しています。南アフリカの首都プレトリアに本社を構え、イースト・ロンドンの工場でトラックやバスの組立を行っています。

 

 三菱ふそうトラック・バス株式会社について

三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は、ダイムラートラック社が89.29%、三菱グループ各社が10.71%の株式を保有し、川崎市に本社を置く商用車メーカーです。90年の長い歴史を持つFUSOブランドの、小型、中型、大型トラックやバス、産業用エンジンを含む製品を世界170以上の市場向けに開発・製造・販売しています。2017年、初の量産型電気小型トラック「eCanter」を市場に導入し、2019年には、日本の商用車市場のベンチマークとなる、SAEレベル2相当の高度運転支援技術を搭載した大型トラック「Super Great」を商用車メーカーとして初めて日本に導入しました。MFTBCは、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)とともにダイムラー・トラック・アジアの一員として、製品開発、部品調達、生産などの分野で協力し、お客様に最高の価値を提供しています。

 

Daimler Truck Asiaについて

ダイムラートラック社傘下のダイムラー・トラック・アジア(DTA)は、90年以上の歴史を持つ日本の商用車業界の象徴である三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)と、インド市場で新進気鋭の商用車メーカーであるダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)を共同で運営する組織体です。DTAは、製品開発、生産、輸出、調達、開発を組織として共同で行う戦略的なビジネスモデルを採用することで、革新的で最先端かつ価値の高い製品をお客様に提供しています。DTAは「人と地球に、より良い生活と環境を実現するモビリティ・ソリューションを提供します」をビジョンとし、全世界のダイムラートラックグループの目的である 「For all who keep the world moving/世界を動かし続ける全ての人々のために」を柱として活動しています。

 

FUSOブランドについて

「FUSO」はダイムラートラックのブランドの一つです。世界170以上の市場において小型、中型、大型のトラックやバスといった幅広い商用車や、産業エンジン、コネクティビティソリューションを展開しています。日本の商用車業界における象徴的ブランドであり、90年にわたって、日本ならではの品質や熟練技術によって、効率性や安全性、快適性を追求した商品を提供してきました。特に小型トラックセグメントの商品ラインアップで評価されており、小型トラック「キャンター」は世界中の様々な市場でトップシェアを獲得しています。2017年には日本初の量産型電気小型トラック「eCanter」を発売し、FUSOはeモビリティにおけるパイオニアとしての地位を確立しました。FUSOのブランドスローガンである「Future Together」は、私たちがお客様に対し安全かつサステナブルな輸送ビジネスを共に未来へ繋いでいくことを約束する意思が込められています。2022年、効率性や安全性、快適性を礎に、FUSOブランドは誕生から90周年という新たな節目を迎えました。

Press Contacts

Charlene Ede,

Head of Product, Corporate COM & Global Marketing,

+81443313682,

charlene.ede@daimlertruck.com

Ayako Wakao,

External Communications,

+814433077499,

ayako.wakao@daimler.com

Download PDF

pdf-imageジンバブエの食品メ... download-image

Share

up-arrow