Back to All Press Releases

ゼロエミッション車両×環境配慮型電力で 物流業界の脱炭素化を支援 オリックス株式会社と環境配慮型電力の小売で業務提携

zero-emission-vehicles-mftbc-partners-with-orix 27th December 2021, Kawasaki, Japan

ゼロエミッション車両×環境配慮型電力で
物流業界の脱炭素化を支援
オリックス株式会社と環境配慮型電力の小売で業務提携

 

  • 電気小型トラック「eCanter」とあわせてオリックスの環境配慮型電力を提案

  • ゼロエミッション車両と環境配慮型電力の同時提案によって、輸送などにおけるお客様の脱炭素化を支援

  • カーボンニュートラルな社会の実現に向けた「エコシステム」構築の取り組みの一環

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、オリックス株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:井上亮、以下オリックス)と、オリックスの環境配慮型電力の小売に関し、業務提携を行いました。

このたびの業務提携では、MFTBCが電気小型トラック「eCanter」とあわせて、オリックスの環境配慮型電力を提案します。お客様は、オリックスの豊富な環境配慮型電力のメニューから、お客様の課題に応じた低CO2(二酸化炭素)排出係数メニューや再生可能エネルギーをお選びいただけます。「eCanter」というゼロエミッション車両と環境配慮型電力を同時にお客様にご提案することで、お客様の環境配慮への取り組みを支援し、ひいては物流業界などの脱炭素化の加速に貢献します。先行販売拠点にて活動を開始し、2022年以降、順次展開地域を全国に拡大する予定です

北海道、九州、沖縄を除く。

MFTBCはeモビリティのパイオニアとして、2039年までに国内の新型車両を全てカーボンニュートラルに走行するモデルとする目標を掲げています。2017年に発売した「eCanter」は、国内初の量産型電気小型トラックで、走行時にCO2を排出しません。これまで世界で300台以上を納車しており、お客様から引き続き強い引き合いをいただいています。また「eCanter」を含めたeモビリティへの社会的な転換を後押しするべく、eモビリティの運用・普及における一連のサイクルを包括する「エコシステム」の構築も推進しています。車両の電動化の基盤となる電力に関するこのたびの協業は、このエコシステム構築の取り組みの一環です。

オリックスは、小売電気事業者として、2009 年に電力小売事業を開始しました。現在では東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、九州電力の供給エリアで、主に店舗やオフィスビルなどの特別高圧および高圧電力施設を対象に電力を供給しています。また、お客様の工場や倉庫、店舗などのエネルギー使用状況を把握し、省エネルギー手法の提案から実施までをトータルに支援する省エネルギーサービスもご提供しています。

MFTBCとオリックスは、両社の得意分野の掛け合わせによって、お客様の脱炭素の取り組みを支援し、カーボンニュートラルな社会の実現へ向けて歩みを加速していきます。

電気小型トラック「eCanter」について
「eCanter」は今日の都市が抱える騒音や排出ガス、CO2低減の課題を解決する答えとして、MFTBCが開発した量産型電気小型トラックです。2017年に日本市場で初めて販売を開始し、これまでに米国、欧州、日本を中心にグローバルで300台以上がお客様の下で稼働しています。2021年には、オーストラリアとニュージーランドでも新たに販売を開始し、これまでの「eCanter」の累計走行距離は、世界中で合計400万km以上に到達しています。
「eCanter」は、車両総重量7.5トンクラス、急速充電では最大約1.5時間、普通充電では最大約11時間の充電で、航続距離は約100kmを確保しています。電気駆動システムには、モーター(最大出力135kW、最大トルク390Nm)と、370V・13.5kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパックを6個搭載しています。2020年8月には安全装備を拡充した新型モデルを発売したほか、車両ラインアップの拡充を含む次世代モデルの開発にも取り組んでいます。

三菱ふそうトラック・バス株式会社について
三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は、ダイムラートラック社が89.29%、三菱グループ各社が10.71%の株式を保有し、川崎市に本社を置く商用車メーカーです。85年以上の長い歴史を持つFUSOブランドの、小型、中型、大型トラックやバス、産業用エンジンを含む製品を世界170以上の市場向けに開発・製造・販売しています。2017年、初の量産型電気小型トラック「eCanter」を市場に導入し、2019年には、日本の商用車市場のベンチマークとなる、SAEレベル2相当の高度安全運転技術を搭載した大型トラック「Super Great」を商用車メーカーとして初めて日本に導入しました。MFTBCは、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)とともにダイムラー・トラック・アジアの一員として、製品開発、部品調達、生産などの分野で協力し、お客様に最高の価値を提供しています。

オリックス株式会社について
オリックスは常に新しいビジネスを追求し、先進的な商品・サービスを提供する金融サービスグループです。1964年にリース事業からスタートして隣接分野に進出し、現在では法人金融、産業/ICT機器、環境 エネルギー、自動車関連、不動産関連、事業投資・コンセッション、銀行、生命保険など多角的に事業を展開しています。また、1971 年の香港進出を皮切りに世界31 カ国・地域に拠点を設け、グローバルに活動しています。今後も、常に新しい価値を創造する強みと専門性を生かし、<オリックス>という完成形のない独自のビジネスモデルを基に、企業や人々に活力をもたらす企業活動を通じて社会に貢献してまいります。

Press Contacts

Ayako Wakao,

External Communications,

+814433077499,

ayako.wakao@daimler.com

Nozomu Yasunami,

External Communications,

+81443316764,

nozomu.yasunami@daimler.com

Download PDF

pdf-imageゼロエミッション車... download-image

Share

up-arrow